作成依頼の際には

赤のフード付きトレーナー

最近お揃いのTシャツを着ているグループを発表会や同じ目標を持っているのだろうコミュニティで見かける事が増えましたよね。 以前はスポーツ関連で見かける事が多かったチームTシャツは、今ではインターネットで頼めるという手軽さも加わって広がりを見せ始めました。 なんとTシャツだけでなくポロシャツやパーカー、スエットにベビー服、バックやエプロンなどなど、実に多くのものにプリントを施しオリジナルのものを作成する事が出来るようになっています。 しかしインターネットで完結する取引なので、発色の状態や生地の質感などは伝わりにくく自分の思うようにならない事もあります。 そのような事を出来るだけ少なくするには、薄い色は避けて濃い色を使用すると良いなどのアドバイスをくれたり、生地見本を送ってくれる会社を選ぶ事が大切です。

例えばパーカー作成ひとつをとっても、先ほど言ったように発色やパーカー本体の生地の質感だけではなく、デザインから請け負ってくれるのか、デザインは決められた形式での持ち込みなのか、価格は適正か、プリントは自社か他社かなども気を配ってみましょう。 プリントが他社でデータは決まった形で納品という会社の場合、受け取ったデータをそのままプリント業者に納品し中間にはさまるだけの会社な場合もあります。最終的には解らない事を聞いたら理解するまで説明してくれるかなど真摯な対応が望めるかが気持ちよく作成を依頼出来るかのポイントになります。 その他、折角パーカーを作るのだから隅々までこだわりオリジナル感を出したいのなら、タグの作成が出来るかなども満足感につながるポイントになるのでチェックしてみてください。